胡蝶蘭の花言葉

胡蝶蘭は、大きな羽を広げた美しい蝶のようで、とてもエレガントで目を惹く美しい花です。高級感と圧倒的な存在感があり、観賞用として多くの方に愛され、お祝いの席に欠かせない花です。白が一般的ですが、その他にも桃色やオレンジ色、黄色、白赤色などさまざまな色が存在します。1本でも1万円近くするとても高価な花で、3本や5本ほどを退職のお祝いに送ることが多いですね。胡蝶蘭の花言葉は、「幸せが飛んでくる」です。あの美しい花びらで蝶がひらひらと飛び回り、幸せを運んできてくれそうですね。

胡蝶蘭たまに、日本では美しい、ハッピーな日にふさわしいとされる花でも、海外では真逆の意味の花もあります。ですが胡蝶蘭は海外でも、aphroditeとギリシャ神話の女神にたとえられ日本と変わらず愛されています。色によっても花言葉はあり、白は「純粋な愛」ピンクは「あなたを愛しています」黄色は「商売繁盛」です。青色は「尊敬」という意味もあります。紫は、昔から高貴なイメージですので、特別な時に向いていますね。カラフルにしてもいいですし、無難にいきたいのであれば、オールマイティに対応できる白で決め手はいかがでしょうか。女性はピンクを好む傾向があるので、送る相手が女性ならピンクでもいいですね。かっこいいなと尊敬できる相手であれば、青でクールに決めてみてはいかがでしょうか。花には、花言葉があります。きれいというだけで送って失礼にあたってしまうこともありますので、送る相手、シチュエーションをよく考えて花言葉を知った上で送るようにしましょう。

Pocket