胡蝶蘭を送ろう

白い鉢の胡蝶蘭胡蝶蘭がいかに退職のお祝いにふさわしいかわかりましたか?花はすぐに枯れてしまいますが、胡蝶蘭は1~2か月ほど安定して咲き続けます。丁寧に手入れすれば、また花をさかせてくれるので、長く送り主達のことを思い出してくれそうですね。それだけで、送られた側もうれしい気持ちになるでしょう。具体的には、胡蝶蘭の節を下から4節ほど残しカットするだけです。こうすることで翌年新しい花が咲くので、花のことを知らない方に送るときはこのことも渡すときに伝えられたら伝えてあげるといいですね。

普通の胡蝶蘭だけでは何かつまらないなと感じたら、植木鉢を普通の白いものからおしゃれなものに変えるというのもいいですね。部屋の中においても、エレガントさが失われないようにすれば、多くの人が見るところにおいてもらえることでしょう。

また、退職とは話が変わりますが、白の胡蝶蘭は、結婚式の時に新婦さんが持つブーケにもよく使われます。もし結婚が決まったら、ぜひ胡蝶蘭を使ってみてください。かわいらしさよりかは美しさや控えめなエレガントさが新婦の美しさをより引き立たせます。ブルーは幸せの象徴でもあるので、ブーケに少しだけブルーの胡蝶蘭を入れるのもおしゃれで美しいですよ。

Pocket