退職の花に選ばれる理由

白の胡蝶蘭退職を迎える方に送る花を選ぶとき、定番なのが白の胡蝶蘭です。なぜ胡蝶蘭が退職の花に選ばれるのでしょうか。退職者に送る花束にもだいたいのルールが存在します。まず相場は1万円前後です。そして、花束というよりかは、退職後に時間ができるのでじっくりと鑑賞できたり土に植えられていて引き続き育てられるものが人気です。

本数は3本か5本が定番で、”苦しむ”を連想させる、4本や9本はNGとされています。これらの条件をすべて満たしており、花言葉も「幸せが飛んでくる」というポジティブで退職後の生活も素晴らしいものになるよう祈っている胡蝶蘭は退職の花にピッタリと言えます。

胡蝶蘭には木札を付けるのもビジネスマナーとされていますが、それは開店した時など贈り主を目立たせるためなので、退職の時はあまり付けないようです。渡すタイミングは退職の2日前から当日の間がよいでしょう。最終日は、荷物も多いので避けるのがいいですが、あまりに早いと、追い出している感じが出てしまい失礼にあたります。胡蝶蘭に、「ご定年おめでとうございます。これからも素敵な人生を過ごされますようお祈り申し上げます」などの感謝のメッセージを付けくわえるとさらに喜んでもらえると思いますよ。メッセージカードを無料でつけてもらえる胡蝶蘭専門業者などもありますので参考にしてみて下さいね。

参考|http://www.orchid-style.com/user_data/tatefuda_messagecard.php
└はがきサイズのメッセージカードを無料でつけられる胡蝶蘭専門業者のサイトです。

Pocket